れっぽんブログ

「渋谷ではたらく社長の告白」を読んで自分もできると思って代表と一緒に起業!→全く事業が当たらず、とはいえ投資家や顧客をはじめ多くの人を巻き込んだので、なんとか成果を出したいともがく日々を綴ります。

6/20<ビジョン>

ビジョン

 

そんな大それたものでなくてもいいんだが、非合理だと思えるけど

それを承知の上で信念を通すためにするべき意思決定というのがあると思う。

いわば経営者の矜持とも言えるべき意思決定だ。

 

当初今の事業を選んだ時に、

優秀だが年齢が高いというだけで弾かれてしまうのは本質的ではない、

公平な採用がされるように今の事業をやってきたい。という理由があった。

 

ただ、それをなくすためにやっている事業なのであれば、

顧客からの年齢の足切りをしたいという要望に対しては一言何か、

最終的に売上のために受け入れることになったとしてもせめて何か言って欲しかった。

薄々気づいていたけれど適当に言ったビジョンなんだなと思った。

たぶん平気でターゲット外の顧客を受け入れることになんか抵抗感を示していたのも

こういった側面が垣間見得ているからなのかなと思った。

 

ビジョンなんかなくても自分が見つければ良いと思った。

しかし、それだと会社と自分の進みたい方向性で不整合が起きてしまい

力を入れる部分が分散してしまうし、迷う。

 

それぐらいなら自分の考えの方向性で共感できる高き志を持った人を支援するか、

自分で小さいながらも事業をやってやりたいようにやった方が良い。

 

リモートなんかはどこもやっている。

人間関係が良いので辞めたくなったことはないのだが、

それだけだとずっと地獄の労働をしているようで未来が見えない。

 

報酬:❌非常に低い

就業時間:❌非常に長い

出勤・通勤:⭕️リモート

業種・仕事内容:❌専門性あまりなし

人間関係:⭕️良好

 

6/20<やりきれるという想いがすぐに湧くわけがない/会社を続けるのか>

やりきれるという想いがすぐに湧くわけがない

 

起業する前に原体験があって〜〜と言った負を解決したいとか、

自分は〜〜が好きなのでそれに関連した事業をやりたいとか、

そんなものが、よくWhy youの部分で求められる回答として存在する。

 

おそらく上記のような強い想いを持った人が諦めずに続けるので、

起業家としての成功確度が高く、

だからこそ起業家自身も周囲の人(投資家や従業員など)も

起業する人に事業に対する強い想いを求めがちなのだと思う。

 

ただ、自分の場合は起業に憧れて起業しており、

特に何がやりたいとかはなく、そんなものは起業してから決めればいいと思っていた。

だからこそ強い想いが湧く領域は現在の事業を含めていまだに存在しないのだ。

(ポジティブに捉えるとそのおかげで事業が散々変わっても続けてこれた)

 

そして事業を2年ほど続ける中で本来の事業とは別だが、

おぼろげながらやりたいことやこうありたいといったものは出てきた。

 

しかしながらこれがあればやり続けれるというような強固なものではまだなく

繊細で大事にしないといけない儚い炎のような情熱ではないかと思う。

 

自分がやりたいことは以下3つだ。

-------------

(1)誰しもが人の役に立つことができる仕組みを作る(事業不明)

・歳を取ったり、障害があって自由に動けない人

・何かのきっかけで社会から断絶されたりした人

こういった人たちが社会の役に立てる仕組みを作る

原体験:3ヶ月間誰の役にも立たなかった事業模索+BLGでの経験

 

人は誰かから存在を肯定されないとあまり幸せには暮らせない。

その最も簡単な手段が人の役に立つことである。

それ以外でも誰かから重要な人だと思われていればそれで良い。

 

(2)仕事や好きなものを見つけるきっかけを作る(教育系事業)

得意なものは人それぞれだが、それに出会えるかどうかは大きい

人の人生を良い方に好転できるのは良いし、成長の過程を見るのも好き。

多くの人が早い段階(できれば学生時代)に何か自分に合ったものに出会うきっかけを作りたい。

 

よりよく生きるための考え方とかでもいいのかも知れない。

例えば会社を決めるときにビジョンに共感するのは良いが、そう言ったものは大体聞こえの良いように作っている。自分の頭で考えどうなりたいかの逆算で考えるべき。

(失敗の本質にも日本人には臨機応変さがないと言っていた) 

 

(3)やりたいことがある人を技術で支える(技術支援事業)

・成果が出なくても、誰からも褒められなくても単純に何か作ってる時は楽しい。

・技術に関わるものであれば無条件に続けていける。

とはいえ大きなプロジェクトの末端ではなく、しっかりやりたい人をそばで支えれるような支援の仕方をしたい。

-------------

というわけで現在の仕事とかぶるところがあるならば、

(3)ぐらいなんだがこれは必ずしも今の会社である必要性はない。

とはいえこの抽象的な基準で会社をどうやって選ぶのといわれると

(1)〜(3)にどの程度合致しているかだと思う。

あとは数が少なくても合致度がどれだけ深いかだと思う。

 

会社を続けるのか

あと1年は続けてみようと思う。

何に期待しているかというと事業が伸びた時に考え方が変わる可能性があるのと

新しくやりたいことができて かつ 会社の方向性と一致する可能性もあるからだ。

それから「辞めない理由」の1つにまだ成果が出せていないというのがある。

この状況で辞めることをプライドが許さないし、

もし仮に転職を考えた場合にだってするときにだって見栄えが悪いだろう。

 

それに期待してくれた投資家や顧客に対しても、

やりきってない状態で辞めるのは申し訳ないという気持ちも当然の如くある。

 

しかしながら本気で伸ばしたいと思ってない状態で、

創業者だからと言ってずっと会社に居座り続けている状態が続くことが

最も無責任なのではないかとも思っている。 

 

最後に、Bumpの花の歌詞に「あなたが花ならたくさんのそれらと変わりないのかも知れない、そこから1つを選んだ僕だけに歌える歌がある」というのがあって、まさに数ある会社や選択肢の中から起業という道を選んだからこそ見えたものもある。

うまくいえないがこれが僕が前に言った「辞めない理由」であり、

とはいえ積極的に続ける理由にはなり得ないものではあった。

 

 

6/19<残念な結論>

残念な結論

海辺を歩きながら考え事をしていた。

やめない理由はいくつも出てきたんだが、

事業や会社を前向きに頑張っていきたい理由が見つからなかった。

 

<やめない理由>

・合わない上司、部下がいると言っためんどくさい人間関係がない

・自由に仕様を決めて開発できる

・投資家や顧客を巻き込んだのでこのまま終わりたくない

・社長や会社の成長が期待できる

 

*合わない上司:高圧的、上の言うことは絶対だと考えている、マイクロマネジメント

 

<この事業・この会社で頑張りたい理由がない>

・事業領域やWhyの部分に共感して、起業した訳でなくプロセスに憧れて起業した

→人の役に立つものが何かを考え、それを作り感謝されるという経験をしたかった。しかし、いつまでたってもそれは叶わない。別に事業領域やWhyに共感してる訳ではないので別にこの会社じゃなくてもいい。

・今の会社のビジョンは建前で本当に思っている訳ではない 

→意思決定にビジョンが影響したことは一度もない。基本知名度や売上。

 

<会社の嫌なところ(辞める理由にならないが不満ではある)>

 ・給料が安い

→もう限界。税金が払えて不自由なくものが買えるように10万はあげて欲しい

・会議が長い、細かい

 

 

6/16<渋谷ではたらく社長の告白>

 

渋谷ではたらく社長の告白

自分はこの本がきっかけで起業に興味を持った。

この本を読んだのは25,6歳のころだったと思う。

当初はなんか胡散臭いと思い、気になってはいたものの読まずにいた。

そして、読む前は起業がどういうものか皆目検討もつかず、頭の良いやる気のある人たちが頑張って色々やってるんだろうなぁぐらいにしか思ってなかった。

 

でも、この本を読んでから起業に対する印象がガラッと変わった。

一言で言うならば、これなら自分でもできるかもしれないというような感覚が芽生えたんだ。

 

それは藤田さんが起業した日々を細かく描いてくれていて、起業のリアルな情景イメージできたと言うのもあるが、それ以上に「かなり適当にやっても起業できる」と言うようなメッセージをこの本から受け取ったことが大きな要因だと思う。

 

例えば、インターネットの営業をやると言うざっくりした事業内容だけで会社を設立しているし、会社の電話も滞納して止めてるし、営業代行してる他社のサービスをパクって販売してるし、起業初期とはいうもののかなり適当で、会社として色々ヤバいなと思った。それでも起業してやっていけてるのであれば、自分もこれぐらいならできるだろうと錯覚してしまった。

 

今なら分かるが、これは藤田さんの人並外れた営業力や熱量、人脈などがあったからこそ成立する話であって、何もできない僕らがこの通り適当な感じでやってしまえば大怪我をするだけだ。

さらに本に書くわけなので読んでいて面白い派手な失敗が書かれやすいと言うのも考えておくべきだった。本当はもっとコツコツ積み上げているものがあると思う。

ただ、迂闊すぎるのだが当時は全くそれに気づいておらず、これなら僕にもできる!と思って起業を人生の選択肢に入れた。ここに関しては馬鹿だったなと思うものの後悔はしていない。

 これが僕が起業に興味を持った最初のきっかけだった。

6/16<ミスチルの花の替え歌>

ミスチルの花の替え歌

 

 

www.youtube.com

ため息聞こえた顧客との会話

導入時期はまたまた延期されてゆく

消えてった口頭契約をなんとなくね数えて

 

同年代の起業家たちがフェーズを進めてく

市況感は様々そう誰もが知ってる

プロダクトほぼ手動運用いつまでもベータ版

 

負けないように死なないように早めに調達をしよう

ふと事業に迷うときは、社員集めて一人叫ぶよピボット

6/14<3連ビンタ - 価値への遠い道のり- / 本当はどうか早く使わせてくださいって言われるようなものを作りたい>

3連ビンタ- 価値への遠い道のり -

今日、導入見込みが高い企業2社が見送りになってしまった。

その内1社は口頭ではあるものの導入すると言っていたので、導入前提で準備をしており、その準備に費やしたおおよそ10万円分の人件費が全て赤字になってしまった。

先方の都合に間に合うように契約前に、

急いで案件をどんどん進めていたのだが、それがよくなかった。

自分たちはベンチャーであり新しいものを使ってもらうために先方にできる限り

合わせて頑張りたいと思っているものの少し足元を見れれたような気分がした。

今後はよほどのことがない限り契約してからプロジェクトを進めるようにしたい。

 

さらに良くないことは重なるもので、

有力なもう1社からもあまり良い評価は得られなかった。

良いフィードバックはたくさんいただけたものの、

僕たちのプロダクトの価値やその価値を担保するものがますます不明瞭になっていくようなそんな気分だった。

チームが暗くなると嫌なのでその瞬間は明るめに振る舞おうとはしたが、

こうやって考えるとまた価値のないものを作ることに僕は時間を費やしてしまったのだろうかと思えてしまい少し憂鬱になる。

プロセスではなく全ては結果で評価されるべきだとは思うものの、

長い期間頑張っただけに、自分たちの努力が顧客が求める価値に繋がっていないと分かった時の落胆は大きい。

前ブログに地獄が終わったとか書いてたあのしんどい時がちょうど頑張ってた時だったのだが、その努力が実らなかったのは、ちょっと辛い。

そして本質からズレたことをやっていると時間とお金を消耗し、

次のチャンスが減っていく。良くない。

相変わらずネガティブな日記で嫌になるが起業家らしく前を向いてまた明日から改善をしていきたい。

 

本当はどうか早く使わせてくださいって言われるようなものを作りたい

そのままだね。

少し傲慢かもしれないんだけど、多少営業やサポートが雑でも、多少機能にバグがあってもそれでも進んで使いたいと顧客が思うそんなものを僕らは作りたい。

いつ作れるのかは分からない。

1つ1つ期待しながら、シールをめくってまたそこに書いてある「不正解」のマークを見る。不正解のマークは次第に減って正解が残るようになるんだけれど、それでもまだ膨大にある。自分たちが成長し、正解に近づいていると思いたい。

6/13<枯れた技術の良さ/フロントエンド・バックエンドを分ける利点・欠点>

枯れた技術の良さ

スタートアップ始めた時にどうせやるなら新しい技術を使おうと思って、初期のプロダクトは以下の技術構成になっていた(2019年時点)

---

フロント:React

API:GraphQL

バックエンド:Lambda(言語はnode.js) *フルサーバレス

---

結構モダンだったし、個人的にも新しい技術を学べると大満足だったんだが、今思うと悪い意思決定だった。

なぜならば出来て当然ということに対して、色々なものが確立されておらず調べるのに時間がかかってしまいスピード感が出ないことが多々あったのだ。

例えばGraphQLは画像のアップロード1つとっても当時は確固としたやり方がない上に、技術情報もほとんど掲載されておらず実装するのに3-4日ほど普通にかかった。

あとはAWS Amplifyを利用しており認証がCognitoだったのだが、これもはっきり言って癖が強くて使いにくかった。(あとなぜかfacebook 認証ができるはずだったのに全然できず微妙だった)

とはいえ上記の構成でやっていたので、ぶっちゃけコードを書くところが、GraphQLのデータ定義やデータ取得の定義とメール送る時ぐらいしかなく、バックエンドは楽だったので工数としてはプラマイはゼロでだったのだが、当たり前のことが出来ない怖さはこの時にすごく感じた。

 

すぐに次のプロダクト開発にシフトしたため全然反省が出来ていなかったんだが、

下記のポッドキャストを聞いて改めてあの調べる時間って無駄だったよねと反省した。

open.spotify.com

 

プロダクトの性質にもよるが、新しい技術がもたらすメリットを理解した上でそれが大きくプロダクト開発に影響しないなら、今後は枯れた技術を使う方向でやっていきたいと思っている。

 

フロントエンド・バックエンドを分ける利点・欠点

先ほどの反省と被るんだが、フロントエンド・バックエンドに最初から分けたのも本当にそうすべきだったのか迷う部分ではある。

SPAのようなリッチなフロントエンドの動きを初期から求めていたかというとそうではなく、自分がCSSやHTMLを書くのがめんどくさいから誰かにやってもらいたくて、フロントとバックエンドを切り分けたんだと思う。

しかもなぜかデータの取得が遅く、ページの切り替わりにも時間がかかったこともあり、ユーザーにボタン連打されて不正データが入ったのも懐かしい思い出w

この時SPAはボタンを押した感覚をユーザーに理解させづらいと思った。

 

話が脱線したが、フロントエンド・バックエンドを分ける利点ってなんだろうと改めて調べた時に以下の記事があった。

qiita.com

(引用)

メリットとしては以下の3つが挙げられます。
1:バックエンドが簡潔になり、再利用性が高まる
2:フロントエンドとバックエンドを別チーム/並行で開発できる
3:フロントエンド/バックエンドがそれぞれリリースでき、リリースが簡単になる

---

これをスタートアップの0-1開発である前提の場合どうなのかと考えてみると

1の「再利用性」に関しては、そもそもヒットするか分からないので再利用に関しては先の話であり、開発段階では優先度低い。

2の「別チーム/並行で開発できる」はメリットであるが、モノリシックな状態でも機能や画面別に担当を振り分ければ並行開発はできる。

3の「リリースが簡単になる」もプロダクト改善のスピードを上げるための1要素でしかないため、初期のスタートアップには不要(他にも改善速度をあげる施策はある)

 

と考えると大きめのチーム開発をせず、まずは1人2人で作り切るならモノリシックにフロント、バックエンドを分けない開発もありだとは思う。

そしてプロダクトがヒットし、チームが拡大していく段階で分けていけばいいのだと思う。