れっぽんブログ

「渋谷ではたらく社長の告白」を読んで自分もできると思って代表と一緒に起業!→全く事業が当たらず、とはいえ投資家や顧客をはじめ多くの人を巻き込んだので、なんとか成果を出したいともがく日々を綴ります。

4/6

今日はプレスリリースを出した。

以前のサービスと比較して、話題性や伝わりやすさの部分がネックになったのかPV数は1/3に留まった。問い合わせも5件あったが有効な資料請求、アポ設定の連絡はない。

 

巷ではTrelloの公開設定が問題になっている。

新卒採用にて不採用にした理由が「頭が悪い」とか「見栄っ張り」だとかってネガティブに書かれていてる内部情報がそのまま公開されていて炎上している。

企業なんて所詮はそんなものだとわかってかえってよかった面もあるかもしれないが、個人名が具体で出ている以上は明らかに大問題だと思う。

 

そんなことがあってからかふと自分が就職活動をやっていた時の記憶を思い出す。

鮮明に覚えている記憶はほとんどないが、とある製鉄会社の開発部長の言葉が深く今でも忘れられない。確かこんな内容だったと思う。

人間はプラスとマイナスを足して2で割れば50になる

強いプラスがあるということは、その反対で強いマイナスがあるということ。

その逆でプラスが少ない人はマイナスも少ない。

何が言いたいかというともしかすると、そこまでマイナスが大きいならそれと同程度の何かしらのプラスがあったのではないかと思う。

「見栄っ張り」だってそこに追いつくように努力してれば向上心があるということにもなるし、「頭が悪い」というものもしかすると、まぁ実行力はあるとかきっと何かになるだろう。きっと。