れっぽんブログ

「渋谷ではたらく社長の告白」を読んで自分もできると思って代表と一緒に起業!→全く事業が当たらず、とはいえ投資家や顧客をはじめ多くの人を巻き込んだので、なんとか成果を出したいともがく日々を綴ります。

4/7

昨日はオフィスから家に帰ってきた。

オフィスには3連泊した。オフィスは程よく集中して作業ができてよい。

昨日思ったのが貧乏でもコスパのよくて美味しいランチを探せば500円で十分贅沢できるということだ。

あまり楽しいことがないがせめて食事ぐらいは楽しくしたい。

 

仕事をしていて楽しいと思うことがない。

でも、だからと言って仕事をやめたいとは思わない。

理由としては以下3つ。

・将来への期待

今は人の役に立ってないのに楽しいわけがない。これを楽しんでいたら一生ここにいることになる(ただ、将来的に役に立てるようになれば楽しくなるはず)

 

・協力してくれた人たちへの責任

個人的な楽しいとかつまらんとかの一時的な感情でやめるのは無責任

 

・辛い仕事の方が評価されることが多い

楽しい作業を評価された記憶があまりなく、大変な画像収集の作業とか複雑な内容の資料化とか嫌な作業の方が評価されることが多いから。