れっぽんブログ

「渋谷ではたらく社長の告白」を読んで自分もできると思って代表と一緒に起業!→全く事業が当たらず、とはいえ投資家や顧客をはじめ多くの人を巻き込んだので、なんとか成果を出したいともがく日々を綴ります。

4/9

今日はGoogleがやってるスタートアップ向けのイベントに参加した。

限定的な告知ではあったと思うが、最後の開発セッションはもう7名しか視聴してないような状態でやるほうも結構辛いなと思っていた。

内容も結構ズレてて、ベンチャー精神はあれどGoogleは大企業なのでスタートアップの創業期とは組織編成が違う。例えば創業期に業務委託を社員にする際の判断をどうすれば良いかと言う問に対して、Googleではこうやっていると言ういう流れを出していたんだが、あくまで参考例とは思うものの、スタートアップ正直そんな冗長な選考フローはは組めない(面接4回もやったら2回ぐらい同じ人が出てくるぞw)

それに評価も1つの職種に1人いるぐらいだから、他の人はその人が本当に優れているのか判断できない。その辺りがあまり考慮されていなかった。

DevOpsの話ももう少し先だろうなと思った。おそらく0->1はまず価値ある事業を立ち上げる部分なのであまりそこを気にしないと思う。1->10にのばす時にPDCAを早く回すためにDevOpsが必要になるんだと思った。

逆に勉強になったことは何かと言うとGoogleの人たちは、論文や研究結果を参考に組織をどうするべきか決めて行っていると言う点だ。その点に関しては知らないことがかなり多かったので、勘ではなく世の中の研究結果ベースで合理的な判断をして組織を作っていければと思った。今後伸びたらの話だが。

お昼に隣の会社のエンジニアと社長と一緒に500円のピザ食べにいった。

同じチームにエンジニアがいるというのはいいなと思う。

エンジニア以外の人に対して技術の説明をするのにいろいろ話すのには慣れたが、

まーなんというか一緒に何かを作り上げたり、最新の技術の話をする機会は起業してからほぼ得られなかったのでエンジニアチームっていいなと改めて思った。

あとマクロス星間飛行って曲が良い。Smoke on the Waterを彷彿とさせるリフや歌謡曲的な要素、そして何よりきらって言うのがなんか良い。