5/1<禁酒令/振り返り会>

禁酒令

今日は会社の振り返り会があった。

いつもならばどこかの居酒屋を予約して、そこで今月各自がどうだったかを振り返るのだが、3度目の緊急事態宣言により居酒屋は20時に閉まるし、酒類の提供も禁止なので、閉店してるかやっていても本来の営業とは程遠い状態だ。

たいろーさんが言っていたが、政策も目的と振り返りを交互にやるべきだという話をしていた。例えば緊急事態宣言を何のために出すかで言えば、一気にコロナの感染者が増えて医療崩壊をおこなさないように対応するためだと思う。

であるならば、別の打ち手も考えられないか。

例えば病院の対応できるキャパシティを上げる、東京以外の感染が少ない県の病院で受け入れが行えないか検討するとか、感染者を減らすよりも感染が発生した場合のキャパをうまく引き上げることで、経済が停滞せずに済むのではないだろうか。

そういったものを検討したうえでの緊急事態宣言だったとしても、今まで2回やった時の効果とコスト(経済的な影響)が一致してるのかも気になる。統計的に年寄りが重篤化しやすいなら、そちらに補助金を渡して外に出るなとした方が良いんじゃないだろうか。

 

振り返り会

さて、批判っぽくなったが、そんなわけで飲み会を居酒屋でできなくなったので、知り合いのレンタルルームを使い行った。ただ、これが意外と良かった。

費用としても合計9000円ぐらいで収まり、なおかつ19-24時までガッツリ時間を気にせず、人目を気にせず話せたので今までの振り返り会の中でも最も本音で質の高い話し合いができた。