れっぽんブログ

「渋谷ではたらく社長の告白」を読んで自分もできると思って代表と一緒に起業!→全く事業が当たらず、とはいえ投資家や顧客をはじめ多くの人を巻き込んだので、なんとか成果を出したいともがく日々を綴ります。

8/1<マイクロサービスの導入により何を得たいか>

例えばマイクロサービスを導入することで得たい主要なメリットがスケーリングだったとする。

しかし、副次的なメリットである「チームの自律性」や「新しい技術導入の機会」など別のものがくっついてくるとマイクロサービス以外の選択肢を取りにくくなる。

もしかすると水平スケーリングだけで負荷の問題は対応できたかもしれないのに、副次的なものがくっつくことで本当に得たい効果に対して最適なものが選べなければ本末転倒だ。

水平スケーリング:複数のサーバーに台数を増やして負荷分散

垂直スケーリング:1台のサーバーの性能を上げて負荷を吸収

 

----

・現状では満たせない顧客要望:あるがクリティカルではない

・改善サイクル:早くない

・開発人数:1~2名

・特殊なドメイン知識:さほど必要ない

・デプロイ周期:開発完了して10秒後にはデプロイできてる

----

将来のことを考えて今の段階でマイクロサービス化するメリットはほとんどない。

前段の帳票の場合には出力スピードが遅すぎるという問題があり、それを解消するために切り離したが、今回は将来への布石という意味はあれど、直近困っていて解消したい課題が特にない。やめた方がいい。